フリーランスが実際に経験した請求書関連のトラブル

フリーランスのトラブルはどこに隠れているか分からない

こんにちは、バヤシです。
フリーランスとして働いていると、請求書の作成って結構楽しみだったりします。自分が働いたことの証明みたいなものなので。

ただ、気をつけないと請求書まわりでもクライアントとの間でトラブルが発生する元となります。クライアントごとによって気にするポイントは違いますので、同じフォーマットの請求書でも指摘される場合とされない場合があります。
とはいえ、フリーランスはお金をもらう身分。あまりお金関係でクライアントと揉めたくないものです。

そこで、この記事では、実際にフリーランスとして働いていて遭遇した請求書まわりのトラブルと対処法をご紹介します。
また、簡単に請求書を作成できるツールや、僕が作成した請求書を作成する時のチェックリストも紹介します。
(僕は、書類の確認がとにかく苦手なので、確認漏れがないようにチェックリストは欠かせません…)

実際に経験した請求書に関するトラブル

捺印をしなかった

実は捺印は必須ではありません。
ただ、僕は「捺印がないと誰でもつくれてしまうので、捺印はしてください」と言われました。指摘される前に捺印はしておきましょう。

とはいえ、いちいち捺印を押すのも手間なので、今では電子印鑑というものがあります。無料で使えるものもあります。
以下の記事が参考になります。電子印鑑についての紹介だけではなく、本物の印影画像から電子印鑑を作成する方法も紹介されています。
電子印鑑の作成方法10選!無料ツール・webサイト・エクセル

ただ、電子印鑑はクライアントによっては嫌がられますが…

請求内容の記載に不備があった

まあ、当然怒られますよね…。
ただ、不備といっても、「業務の実施した日や何月分の作業なのかが記載されていない。後から見て分かりづらい」というご指摘でした…。
細かいポイントですが、確かに自分が請求書を貰う立場だとすると、作業した日が記載されていると後から振り返りやすいなと思います。

請求書の基本的な書き方と注意点

MoneyForwardクラウド請求のページより引用させてもらいました。

1. 請求書のあて先
取引先の会社名、事業部名、担当者名などを記入します。依頼者とは異なるあて先を指定される場合もありますので事前に確認しましょう。

2. 請求内容
商品名やサービス名、数量、金額を記載します。取引先の税務処理により、書き方を指定される場合があります。例えば、販促費として「サンプル用ミニボトル」と追加するよう指示がある場合があります。

3. 消費税の表示
内税か外税か、消費税の金額を明記します。

4. 発行日
請求書の作成日ではなく、取引先の締日を記載するのが基本です。

5. 支払期日
支払日を記載します。確認のために毎回記載すると支払い漏れがありません。

6. 発行者
個人事業主(フリーランス)である自分の名前を入れます。

7. 振込先
銀行名、支店名、口座種類、口座名、口座番号を正確に記載します。振込手数料を負担してもらう場合は、その旨を記載します。

8. 特記事項
条件による支払い期日の変更や、分割払いなど、請求と支払いに関して特別な条件がある場合に記載します。

9. 請求書番号
後の確認作業を容易にするため、通し番号を右上に記載します。
特に、個人事業主(フリーランス)の場合は、請求書の各項目はあらかじめ取引先と取り決めた書き方に基づいて作成しましょう。

個人事業主(フリーランス)なら知っておきたい請求書の書き方|業種・職種別請求書の書き方

請求書を作成できるツール

請求書を作成できるツールやサービスはいくつかありますが、実は会計ソフトのfreeeには請求書を作成できる機能がついています。それも追加料金無しで。
実際に作成できる請求書は画像のとおりです。取引先情報の登録などもできるので、いちいち全部の情報を入力しなくていいので、手間が省けます。

freeeで作成した請求書

freeeは無料からでも使えますし、有料プランでも請求書発行の機能を入れるとMFクラウド会計と比べても安いです。

【MFクラウドの有料プラン(会計+請求書発行などの機能含む)】
月額1,280円(税抜き)~

マネーフォワード クラウドの料金プラン

【freeeの有料プラン(会計+請求書発行などの機能含む)】(会計+請求書発行など)
月額980円(税抜き)~


まだ会計ソフトを使用していない方はfreeeを選択されることをオススメします。

請求書送付時のチェックリスト

過去の教訓を活かしまして、Googleスプレッドシートでチェックリストを作成しました。
みなさんもコピーできるようにしてあるので、僕と同じように書類の確認が苦手な方はぜひ使ってみてください。
複数社と取引きがある場合は、シートをコピーすればOKです。

請求書作成時のチェックリスト
請求書作成時のチェックリスト (共有用)

まとめ

請求書まわりのトラブルと請求書の作成方法についてみてきました。
フリーランスになるとどうしてもお金まわりのトラブルはつきものです。書類の不備があれば細かくご指摘やお叱りを受けることもあります…。

とはいえ、今では便利なツールや最悪他の人にお願いするという方法もあります。便利なものも使いながら、できるだけやりたくないことはやらないようにしましょう。

それではよいフリーランスライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました