Google Tag Managerの導入

三種の神器とは

三種の神器とは、
・Google Tag Manger(GTM)
・Google Analytics(GA)
・Google Search Console(GSC)
ですね。()内は略称です。
このページではGoogle Tag Managerについて解説していきます。
Google Analyticsの導入方法Google Search Consoleの導入方法はそれぞれ別のページに記載しています。

Google Tag Manager って何やねん?

一言でいうと、HTML に直接記述が必要だったタグをタグを一元管理できるツールです。
まあ、マーケティングツール用のタグって色々あるわけですよ。
Google Analyticsとか Google Search Console とかもそうなんですけど、広告とかもそうですね。計測するためにはタグを入れないといけないです。
広告といっても、Googleのリスティング広告とかYahoo!の広告とかいっぱいありますね。
で、Googleのリスティング広告とYahoo!のリスティング広告の両方を出稿してデータを計測したい場合には、それぞれのタグを入れないといけないです。
その時々でいちいち追加しないといけなかったりするんですよ。追加するときも、普通はエンジニアの人に依頼して追加してもらうことになります。
それがめんどくさいので、マーケターがタグを追加できるようにすればいいんじゃね?っていうツールがこのGoogle Tag Managerというものですね。
いっぱいあるものをもう一つの所で管理しましょうというやつですね。

Google Tag Manager導入のメリット・デメリット

メリットは、タグを一元管理するので、当然管理が楽になります。
あと、ページの表示速度が少しだけ速くなります。
タグがいっぱいあると、全部読み込まないといけないんで、その分だけページの表示速度が遅くなるわけですよ。ただ、そんなに表示速度がめちゃくちゃ早くやることはないかなと思います。本当に気持ち程度ですね。
デメリットが、初めに設定をしないといけないわけですよ。これがまあ面倒くさいですね。あと、HTMLっていうものを理解していないと、不具合が起きたりだとか、正しくタグが起動しないとか、そういうことが起きます。

(参考ページ)
Googleタグマネージャの導入から確認方法

Google Tag Managerの導入方法

それでは、Google タグマネージャー導入していきますかね。
Google タグマネージャーのトップで、この右上の無料で利用するをクリックします。

で、クリックするとアカウントの情報ですね。これは入力しないといけません。
国は日本ですね。
Google や他の人と匿名でデータを共有したくないんで続行します。

コンテナ名。ここはサイトのURLを入れておきます。
コンテナの使用場所というのは、WebサイトなのかアプリなのかAMP っていうところを選びます。
今回はWebサイトなので、「ウェブ」を選択します。

Google タグマネージャーの利用規約。これ日本語がないので、English でまぁ読んでOK だったら「はい」ですね。

すると、このようにコードがね表示されると思います。で、これを埋め込まないといけないです。
「ページのhead 内のなるべく上の方に貼り付けて下さい」ということなんで貼り付けていきます。
もう一つは、「bodyの直後に貼り付けて下さい」ということなんで貼り付けます。

これは、WordPress の管理画面ですね。
WordPressだったら、「Google TAG Manager for WordPress」っていうようなプラグインがあるんですけど、
これ一回使ったことあるんですけど正しく動かなかったので、ソースコードの方にダイレクトに書いていこうと思います。

外環のテーマの編集で「テーマヘッダー」を選択します。
headタグがここから始まってるんで、この辺りにね入れときます。

もう一個、bodyタグの直後に入れておきます。
で、 ファイル更新をします。
これで一旦ね、このタグを設定するまで来ました。

次に、Google Analyticsの設定方法をご紹介します。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました