プログラミングを始めるのに年齢は関係ない

僕は今、主にPythonやGoogle Apps Scriptでプログラミングをやっているわけなんですけども、年齢を理由にプログラミングをやるのをやめようとしていた時もありました。

ただ、プログラミングをやっているとやっぱ楽しいですし、年齢を理由にやらないのはもったいないと思います。

僕がプログラミングに出会ったのは25歳の時で、大学からプログラミングやってる人とかに比べるとかなり遅いと思います。しかもプログラミングを専属にやっているたわけでもなく、たまにコードを書くぐらいでした。
これから先プログラミングが義務教育化されることもあり、この年齢でプログラミングをやってもなぁと言う気もしました。
それに、これから先もプログラミングという能力が生かされていくのかは必要とされるのか全く分かりません。AIが発達していけばプログラミングが不要になる可能性もあります。

それでも自分が作ろうと思ったプログラムは作ってみたい!
コードを書き始めるまでがかなり億劫だが、書き始めると止まらない。

もちろんプログラミングでは、何度もエラーに遭遇するし、分からないことは山ほどあるし、つまずく事は何回もあります。ただそれでも自分が作ろうと決めたプログラムは作りきらないと気が済まない。

「やりたい!」「プログラムを作りたい!」という自分の欲求に忠実に動いてやってみるのが幸せな人生を送るために必要なことなのだと思います。

参考までに、80歳を超えてプログラミングを始めた人の記事を紹介します。
82歳の現役プログラマー!?パソコンが高齢者と社会をつなぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました