【WSL】Windows10でVisual Studio CodeのターミナルをLinux(Ubuntu)にする

Windowsで作成したプログラムをLinux上で実行したい!それもVSCode上で。

これまでだと仮想環境を構築しないといけなかったかもですが、WSL(Windows Subsystem for Linux)を使えば、ものの10分かからないぐらいで環境構築ができます(スムーズにいけば)。

途中でハマったところもあるので、それも紹介します。

MicrosoftストアからWSL(Windows Subsystem for Linux)をインストールする

  1. Microsoftストアを開く。
  2. 検索窓に「linux」と打ち込み、「WindowsでLinuxを実行する」をクリック。
    Microsoftストア_トップ
  3. Ubuntuをクリックする(その他のOSがお好みならばそれをクリック)。
    Microsoftストア_検索_linux
  4. Ubuntuをインストールする(ログインしていなければ、インストール時にログイン画面が表示される)。
    Microsoftストア_Ubuntu
  5. Ubuntuを起動する。
    Microsoftストア_Ubuntu_インストール済み
  6. ターミナルが立ち上がる。ユーザー名とパスワード(2回)を入力してインストールを完了させる。
    Ubuntuインストール_ターミナル
  7. インストール完了!

MicrosoftストアからUbuntuをインストールできない場合

ここで僕はハマりました…。
さきほどの「4. Ubuntuをインストールする。」でインストールができませんでした、
対処方法としては、Microsoftストアのアプリをリセットすればよいです。

手順としては、

  1. Win+R キーを押して「ファイル名を指定して実行」を開きます。
  2. 「名前」欄に WSReset.exe と入力して「OK」ボタンを押しますWSReset
  3. ターミナルが立ち上がるので放置。ターミナルが消えれば終了。
    WSReset_実行中

VSCode上で起動するターミナルをUbuntu(bash)に変更する

  1. VSCodeの設定を開く(ファイル -> 基本設定 -> 設定)。
    VSCode_settings
  2. 右上の{}をクリックして、設定をJSONで追加できる画面を開く。
    VSCode_settings_JSON
  3. 以下のコードを追記して、『Ctrl + S』で保存する。
        // デフォルトの起動するターミナルをbashにする
        "terminal.integrated.shell.windows": "C:\\WINDOWS\\Sysnative\\bash.exe",

    VSCode_settings_JSON_addBash

  4. 一度VSCodeを再起動した後、『Ctrl + @』でターミナルを開く。
    以下のような画面が表示されていれば、完了!
    VSCode_ターミナル

(参考ページ)
How do I use Bash on Ubuntu on Windows (WSL) for my VS Code terminal?

コメント

タイトルとURLをコピーしました